千葉県八街市で建てる注文住宅 » 注文住宅の基礎知識 » 工務店とハウスメーカーの違いについて解説

公開日: |最終更新日時:

工務店とハウスメーカーの違いについて解説

「工務店とハウスメーカーの違いって何?」「それぞれのメリットやデメリットが知りたい」と考えている方もいることでしょう。

本記事では、工務店とハウスメーカーの違いについてまとめるとともに、それぞれのメリット・デメリットを説明していきます。住まいづくりを検討中の方はぜひチェックしてみてください。

工務店とハウスメーカーの違いは?

工務店とハウスメーカーには、どのような違いがあるのかチェックしていきましょう。

工務店とは

工務店は、地域に根差した事業を行っており建物の工事全体を請け負っていることが特徴に挙げられます。工務店に注文住宅を依頼すると、設計の自由度が高く、設計から施工、アフターメンテナンスまで対応してもらえることが多いです。

工務店のメリットとは

工務店に依頼すると設計の自由度が高いだけではなく、専門的な設計が必要な場合には建築設計事務所と連携して対応することが可能か相談してみるとよいでしょう。

木造住宅を得意としている工務店が多いですが、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造など施主側の要望に合わせて対応してもらえるのがメリットと言えるでしょう。

工務店のデメリットとは

過去の施工例を公開している工務店は少ない傾向にあるため、どのようなデザインを得意としていて、力量はどの程度なのか把握しづらいと言えます。その他には、工務店によって、品質や保証にバラつきがあるのもデメリットだと考えられます。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーは、全国規模で展開していることが多く、施工するエリアが広いのが特徴の1つ。また、さまざまなプランが用意されているのでライフスタイルに合わせて選ぶことができるのがハウスメーカーの魅力です。

ハウスメーカーのメリットとは

ハウスメーカーは、世界共通の規格であるISO9001を取得している企業が多く、バラつきが生じないよう品質管理が行われています。

また、開発や研究施設を有しており、独自の工法や仕様、デザインなど他社にないオリジナルな住宅を手掛けているハウスメーカーもあるのです。

参照元:ホームズ公式HP

ハウスメーカーのデメリットとは

工務店と比べると自由度が低い傾向にあるため、好みやこだわりを取り入れた住宅を建てたい方には不向きな部分もあると言えます。

また、ハウスメーカーの場合、営業や設計、施工など部署がそれぞれ分かれているため、スタッフの連携がしっかりと行われないと、施主の要望が伝わらない可能性もあります。

まとめ

住まいづくりをするとき、ハウスメーカーと工務店のどちらがよいか迷ってしまうものです。自分自身で住まいづくりのイメージを持って、それぞれのメリットやデメリットをしっかり把握し、どちらが要望に沿った家づくりができそうか、検討してみましょう。

千葉県八街市のおすすめ工務店2選

八街市に本社を構える工務店・ハウスメーカーの中から、「デザイン力・設計力の高い一級建築士が在籍」「対応力・施工力が高い自社大工による施工を行っている」「創業から100年以上続く経験・実績を持つ」という3つの条件のうち、2つ以上当てはまる会社を紹介します。

立田工務店

立田工務店の施工事例写真1

引用元HP:立田工務店
https://tatsutakoumuten.co.jp/case/154/

立田工務店のおすすめポイント

  • 明治創業!信頼できる老舗工務店
  • 明瞭かつ良心的な施工費用
  • 追加料金なしのフリープラン

立田工務店
公式サイト

立田工務店 公式サイトで
施工事例をもっと見る

立田工務店に電話で相談

工藤工務店

工藤工務店の施工事例写真1

引用元HP:工藤工務店
http://www.kudostyle.jp/gallery/?p=1322

工藤工務店のおすすめポイント

  • 何度も打ち合わせを重ねて、納得できる住まいづくり
  • オリジナルの造作家具も提供

工藤工務店
公式サイト

工藤工務店 公式サイトで
施工事例をもっと見る

工藤工務店に電話で相談

イメージ

八街市で代々続く「立田工務店」の社長に、地元情報について色々と聞いて見ました。

立田工務店との話しが見たい