千葉県八街市で建てる注文住宅 » 注文住宅の基礎知識 » 注文住宅を建てる際の間取りの決め方

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てる際の間取りの決め方

注文住宅を建てる際、家の暮らしやすさを左右するのは間取りです。理想とする間取りはあるけれど、実際に住みやすい間取りなのかどうかがわからない、そもそもどんな間取りにしたら良いのか悩んでいるという方も多いでしょう。

どのように間取りを決めたら良いのかを知っておくことで、理想とする家づくりができます。この記事では注文住宅を建てる際の間取りの決め方を紹介します。

間取りを決める流れ

注文住宅の間取りを決める流れは以下の通りです。

自分で理想とする間取りを考えている

理想とする間取りは誰にでもあるはずです。それが叶えられるかどうかは関係なく、ここはこうしたい、こういう風であってほしい、というような希望を含めて間取りを考えてみてください。リビングの横に和室が欲しい、リビングに階段をかけたいなど、部分的なイメージだけでも問題ありません。

ハウスメーカーから提案してもらう

ハウスメーカーに、理想とする間取りの内容を伝えて実際に間取りを考えてもらいます。ハウスメーカーは理想や希望だけでなく、現実的な視点でも間取りを検討してくれるため、実際にできる・できないかがはっきりとわかります。

打ち合わせを重ねて間取りを決定する

ハウスメーカーから提案された間取りが絶対ではありません。その後、ここはこうしてほしい、こういうほうが良いなどと要望を出しながら、納得がいくまで間取りプランを話し合います。ハウスメーカーも施主も問題ない、となる間取りプランが完成したら、間取りは決定です。

間取り決めで大切なチェックポイント

間取り決めをする際に大切なチェックポイントは2つです。

生活動線をしっかりと考える

家づくりにおいて、大事なのは暮らしやすさです。どれだけ希望を詰め込んでいても、動線が悪いと住みにくい家になってしまいます。

家事動線はもちろんのこと、衛生動線、来客動線、通勤動線など考えなければいけない動線はたくさんあります。より便利な暮らしができる間取りを検討しましょう。

採光や風通しの良さ

自然の力が感じられる家は、自然と心地よく感じられます。家族が長い時間を過ごすリビングは日当たりが良くなるように意識して配置します。また風通しの良さは想像以上に大切です。窓は北と南、西と東というように対面になる位置に設けると風がしっかりと通り抜けます。

よくある失敗例

間取り決めでよくある失敗として多いのが、音や匂いの伝わりです。音や匂いは開放的な空間を求める場合、どうしても伝わりやすいです。例えば、オープンキッチンにした場合はリビングやダイニングに料理の匂いが伝わります。揚げ物の油の匂い、焼き魚の匂いなどが部屋に充満してなかなか抜けない…という困りごとが発生しやすいです。

またコンセントの配線も失敗しやすいポイントです。適当に計画すると、電気を必要とする製品が使いづらくなり、家中でタコ足配線をしなくてはならなくなって見栄えも悪くなります。

どの部屋でどんな製品を使用するのかをきちんと計画し、配線を決めてください。

千葉県八街市のおすすめ工務店2選

八街市に本社を構える工務店・ハウスメーカーの中から、「デザイン力・設計力の高い一級建築士が在籍」「対応力・施工力が高い自社大工による施工を行っている」「創業から100年以上続く経験・実績を持つ」という3つの条件のうち、2つ以上当てはまる会社を紹介します。

立田工務店

立田工務店の施工事例写真1

引用元HP:立田工務店
https://tatsutakoumuten.co.jp/case/154/

立田工務店のおすすめポイント

  • 明治創業!信頼できる老舗工務店
  • 明瞭かつ良心的な施工費用
  • 追加料金なしのフリープラン

立田工務店
公式サイト

立田工務店 公式サイトで
施工事例をもっと見る

立田工務店に電話で相談

工藤工務店

工藤工務店の施工事例写真1

引用元HP:工藤工務店
http://www.kudostyle.jp/gallery/?p=1322

工藤工務店のおすすめポイント

  • 何度も打ち合わせを重ねて、納得できる住まいづくり
  • オリジナルの造作家具も提供

工藤工務店
公式サイト

工藤工務店 公式サイトで
施工事例をもっと見る

工藤工務店に電話で相談

イメージ

八街市で代々続く「立田工務店」の社長に、地元情報について色々と聞いて見ました。

立田工務店との話しが見たい