千葉県八街市で建てる注文住宅 » 注文住宅の基礎知識 » 木造住宅と鉄骨造住宅それぞれのメリット・デメリット

公開日: |最終更新日時:

木造住宅と鉄骨造住宅それぞれのメリット・デメリット

「木造住宅と鉄骨造住宅のどちらで注文住宅を建てるか悩んでいる」といった方もいるのではないでしょうか。そこで、本記事では木造住宅と鉄骨造住宅それぞれのメリットとデメリットについて解説します。どちらを選択するか検討する際に参考にしてみてください。

木造住宅のメリット

木造住宅は、鉄骨造住宅と比較すると施工費用が安価で済みやすいのがメリットです。木は燃えやすいイメージがありますが、一定以上の厚みがあれば耐火性が高く、燃えにくいのもメリットです。

また、日本は高温多湿の気候ではありますが、木の性質である調湿性・通気性と相性が良いといえます。そのため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたいと考えている方に向いているといえるでしょう。

木造住宅のデメリット

木造住宅はシロアリ被害を受けてしまうことがあるほか、鉄骨造住宅よりも耐用年数が短いデメリットを持ちます。また、耐震性高めるためには柱や壁が多く必要になることから、間取りが制限されてしまうこともあります。高い吹き抜けを作ったり、壁一面を窓にして光を取り入れたりするなどは難しいことも多いです。

ただ、間取りやデザインについては鉄骨造住宅よりも比較的柔軟に対応できる面も持っているため、木造住宅では希望の間取りを叶えられないわけではありません。

鉄骨造住宅のメリット

鉄骨造住宅は、シロアリの害虫被害を受けにくいメリットがあります。また、様々な長さの材料がつくれることから、木造住宅と比較すると、間取りを自由に設定しやすいです。開口部を多くし、陽の光を取り入れやすい明るい家にしたいなどの希望も叶えやすくなります。

さらに木造住宅と比較すると火災保険料が安く設定されているのもメリットです。

鉄骨造住宅のデメリット

木造住宅と比較すると、工期が長くなりやすく、建築に関するコストが高くついてしまうデメリットがあります。木造住宅と比較すると重量があるので、地盤が弱い土地で鉄骨造住宅を建てたいと考えた場合、地盤強化工事を行わなければなりません。

地盤強化工事が必要になった場合、その分の費用も上乗せされることになります。それから、機密性や断熱性が低くなる傾向があるため、断熱対策も必要です。断熱工事の費用もかかります。

千葉県八街市のおすすめ工務店2選

八街市に本社を構える工務店・ハウスメーカーの中から、「デザイン力・設計力の高い一級建築士が在籍」「対応力・施工力が高い自社大工による施工を行っている」「創業から100年以上続く経験・実績を持つ」という3つの条件のうち、2つ以上当てはまる会社を紹介します。

立田工務店

立田工務店の施工事例写真1

引用元HP:立田工務店
https://tatsutakoumuten.co.jp/case/154/

立田工務店のおすすめポイント

  • 明治創業!信頼できる老舗工務店
  • 明瞭かつ良心的な施工費用
  • 追加料金なしのフリープラン

立田工務店
公式サイト

立田工務店 公式サイトで
施工事例をもっと見る

立田工務店に電話で相談

工藤工務店

工藤工務店の施工事例写真1

引用元HP:工藤工務店
http://www.kudostyle.jp/gallery/?p=1322

工藤工務店のおすすめポイント

  • 何度も打ち合わせを重ねて、納得できる住まいづくり
  • オリジナルの造作家具も提供

工藤工務店
公式サイト

工藤工務店 公式サイトで
施工事例をもっと見る

工藤工務店に電話で相談

イメージ

八街市で代々続く「立田工務店」の社長に、地元情報について色々と聞いて見ました。

立田工務店との話しが見たい