千葉県八街市で建てる注文住宅 » 注文住宅の性能にこだわるメリット・デメリット

注文住宅で気になる「性能」について

注文住宅を建てるにあたってこだわる点は多々ありますが、性能・機能面は特にこだわるべき部分です。外観や間取りといった分かりやすい部分と比較すると、性能や機能は目に見えにくいものではありますが、生活に密接に関わってくるとても重要な要素です入居後の快適な生活を左右する部分でもあるので、間取り同様納得のいくものを選びたいところですね。

しかし、性能や機能を追求するにあたってはメリットに加えデメリットもあります。ここでは注文住宅を建てる際に知っておきたい、住宅性能のこだわりポイントを紹介していきます。

住宅の性能にこだわるメリット

住宅性能は住み始めてからの生活の快適さに直結する部分です。いくら外見などのデザイン面にこだわっても、実際の生活環境が劣悪では快適な暮らしとは言えないでしょう。家を建てる段階で性能面にこだわっておくことで、その後の長く快適な生活が実現可能となるのです。

また、住宅性能は後からの変更が難しいということも押さえておきたいポイントです。完成してから「断熱材を変えたい」と思っても、なかなか簡単ではありません。建てて終わりではなく、住み続けるための家づくりという点を考えると、住宅の機能や性能にこだわることがその後の生活の豊かさに関わるとても大切なことだと気づけるでしょう。

住宅の性能にこだわるデメリット

住宅の性能にこだわると、どうしても費用が大きくかかるものです。多くの方が予算の範囲内で理想の住宅をと考えるものですが、住宅性能を追求すればするほど、費用はかかってしまいます。

住宅性能は生活を左右する部分である一方、目に見えない部分でもあります。外観を重視したい人にとっては実体の無い部分にお金をかけることになるため、なかなか決断ができないということもあるでしょう。「その後の生活を左右する」と言われても、家を建てる段階では実感できない。あるいは予算がかかりすぎて断念せざるを得ないというケースも珍しくありません。

高気密にこだわりたい

住宅の気密性にこだわることは、性能面だけでなく経済的な面でも大きなメリットがあります。気密性が高いことで空調の負担は軽減され、光熱費の削減が期待できるのです。住宅の気密性を上げるには、品質の良い素材にこだわったり、特別な施工を行う必要などがありますが、家を建てる地域の風土についても考慮する必要があります。住む地域の気候環境によって求められる気密性には違いがあるため、八街で注文住宅をお考えなら、まずは八街の気候を踏まえた高気密について知りましょう。

高断熱にこだわりたい

高断熱にも空調効率を高めるメリット、それに伴う光熱費の削減という魅力があります。また、断熱性能にも様々な種類や仕様があり、それぞれの特徴を把握し、かつ八街の気候・風土を踏まえた断熱仕様を考慮する必要があります。

イメージ

八街市で代々続く「立田工務店」の社長に、地元情報について色々と聞いて見ました。

立田工務店との話しが見たい