千葉県八街市で建てる注文住宅 » 注文住宅の性能にこだわるメリット・デメリット » 注文住宅でこだわりたい「高断熱」

注文住宅でこだわりたい「高断熱」

これから注文住宅をと考えているのであれば、「高断熱」にはこだわりたいところです。注目の機能として注目が高まっている高断熱には、どのような特徴があるのか、八街の風土になぜ必要なのかをまとめています。

高断熱のメリット

高断熱とは、外からの空気の流入をしっかりと遮断すること。夏場であれば外の暑さを家の中に入り込ませず、冬場であれば寒気を防ぎ、室内を暖かい環境に保つことができます。夏は涼しく、冬は暖かい家が実現可能となり、快適な生活環境が手に入ります。

断熱性が低い家では、室内の温度差が激しいという問題点があります。冬場などは暖房を効かせている部屋は暖かくても、お風呂場やトイレなどに入ると急激に温度が低く、その温度差に「ヒートショック」を起こしてしまうリスクなども考えられます。これらのことから、高断熱の家に暮らすことは、特にお年寄りや小さなお子さんがいる家庭にとっては安心・安全の暮らしを送ることが可能だと言えるでしょう。

断熱にも様々な種類がある

断熱には素晴らしいメリットがたくさんあるのですが、今では断熱材にも様々な種類が登場しています。もし、断熱にこだわるのであれば、「どのような断熱材を用いるのか」を検討する必要があります。その際にポイントとなるのは自らが求める室内空間と土地の気候です。八街の気候を踏まえ、それに適した断熱仕様が重要になるため、快適な室内空間のためには八街の風土・気候の特徴も考慮する必要があります。

八街の気候

八街は千葉県北部、都心のベッドタウン的な特性を持つ一方で、農業も盛んなのどかな光景が広がるコンクリートと自然が共存しているエリアです。
気候に関しては関東平野の標準的な高温湿潤気候で、暖かい一方で湿度が高いため、汗ばむとベタベタになりやすい気候です。そのため、夏場や梅雨の季節ともなると空調が不可欠になると言っても過言ではありません。そこでポイントになってくるのが断熱です。
断熱性の高い家であれば、空調効果を高めるだけではなく、場合によっては空調さえ不要なケースもあるでしょう。空調に頼らずとも夏は涼しく、冬は暖かい室内環境をもたらしてくれる高断熱は、八街で注文住宅を考えているのならば是非とも検討したい設備です。

イメージ

八街市で代々続く「立田工務店」の社長に、地元情報について色々と聞いて見ました。

立田工務店との話しが見たい